最近のブログ記事
記事カテゴリ
年月別リンク
最近のコメント
サイトマップ

考える種を蒔く

スタッフブログ | 株式会社それからデザイン sole color design Co., Ltd ホームページ制作、WEBデザインをはじめ、広告制作を行っている「それからデザイン」スタッフによる本音トーク集。

それからデザインのSEO内部対策:META Descriptionを工夫する

ウェブサイトへのアクセスを増やす方法として、SEO対策が必要であることには間違いなのですが、同時にこのSEO対策というものは非常に曲者です。
世の中にはSEOの専門会社や、SEOに関連するサービスもかなりの数があります。ウェブサイトのオーナーであれば、SEO業者から、電話やメールなどで営業を受けたことは少なからずあるのではないかと思います。
SEO対策の手法はさまざまありますが、かつては外部のサイトからひたすらにリンクを貼りまくるという手法が主流で、SEO業者は自社で管理しているサイトか、自社と提携しているサイトから数百〜数千といったバックリンクを有料で提供することで、検索順位の上昇を狙うというものでした。
ところが、Googleアルゴリズムは進化の一途を遂げており、このようなサイトの内容とは無関係な順位上昇を狙う強引なSEOの手法は駆逐され、このような手法をベースとしているSEO業者やSEO関連サービスは窮地に追い込まれているというのが実情です。

私が研究しているSEO対策は、Googleアルゴリズムの盲点をつくような欺く手法ではなく、主にサイトの中身を改善していく「内部対策」をベースとしたものです。その中でも、META Descriptionの内容は、特に重要視してきたもののひとつです。METAタグやTitleタグが検索順位そのものに影響を与えるか否かは、現時点では諸説あるようですが、私がMETA Descriptionを重要だと考えているのは、検索順位を上げるという目的ではなく、アクセス数やページビューを上げるためです。その真意を以下にご紹介したいと思います。


(1)META Descriptionは「検索結果ページ」に反映されやすい

SEO関連のことを少し勉強されたことのある方なら、特に目新しい情報ではないと思いますが、このMETA Descriptionは、検索結果のページに反映されやすいものです。


META Descriptionのcontent要素内に記述した内容が・・・



検索結果ページの説明文として引用される確率が非常に高い





(2)META Descriptionはクリック率に影響を与える

上記の図を見ていただければ分かる通り、閲覧者は、この検索結果ページから実際にどこをクリックするかを判断しているはずです。意識無意識にかかわらず、このMETA Descriptionの内容は、閲覧者がそのリンクをクリックするかどうかに大きな影響を与えています。
もちろん、検索結果の上位から順に目で追っていくことには違いないのですが、実際にそこをクリックするかどうかはまた別問題です。
サイトオーナーの目的は、検索順位の上位表示達成で完結するものではなく、あくまでも閲覧者を自社のサイトへ誘導しなければならないわけです。逆に言えば、検索順位が1位のサイトより、2位のサイトのMETA Descriptionが優れていたなら、結果的に2位のサイトの方が良質なアクセスを獲得できる可能性が高いのです。
META Descriptionは、多少の検索順位なら、優位性をひっくり返すことができるパワーさえ秘めています。


(3)META Descriptionはロボットではなく人間に訴求する唯一の領域

SEO=Search Engine Optimization、つまり「検索エンジンの最適化」という意味ですから、SEOに関する対策のほぼすべてが、検索アルゴリズムに対して行う行為ということになりますが、私はこのMETA Descriptionだけは例外で、上記の理由から「人間の目に訴求する文章」を考える必要があると考えています。

以下の2つの検索結果ページがあったとして、どちらがクリックされやすいと思いますか?

A「それからコンサルティングサービスは、親身になってご対応します。大手企業から中小企業まで多数の実績があります。今なら無料診断付き!」

B「30日間のプログラム実施で利益率を改善した事例が多数紹介。経営者向けのコンサルティングサービスでは、現在、無料診断が行われている。」


効果の高いMETA Descriptionの書き方とは?

これは、リスティング広告の文例テクニックなどにも共通すると思いますが、いわゆる広告っぽい表現やいかにも売りたい心理がにじみ出てしまっている文章よりも、客観性や第三者目線で書かれている文章のほうが、閲覧者にとっては抵抗なくクリックする傾向にあります。(商品/サービスの性格等にも依りますので、一概に言い切れませんが)
つまり、META Descriptionのより適切な書き方は、私はおおよその場合、Bの方だと考えています。実際に、弊社のクライアントでは、META Descriptionをこのようにチューンアップしただけでも、アクセス数が上がっているデータがあります。

もうひとつ、META Descriptionを書く際に意識しておきたいポイントは「続きが読みたくなるように書く」ことです。
たとえば工務店のサイトではこんなMETA Descriptionの書き方もありです。

「横浜エリアで自然素材にこだわってきた工務店の筆頭格。それが「それから工務店」である。代表の◯◯は、昨今の健康住宅ブームに警鐘を鳴らしている、その真意とは?」

テレビや映画の番組予告のコピーライティングは、まさにこの「続きが見たくなる心理」を巧みに利用したものが多く、かなり参考になります。
ちょっとしたさじ加減で、効果が劇的に変わると言っても過言ではないのが、このMETA Descriptionなのです。
| ホームページで集客アップ講座 | - | -

第一回「ホームページを作る前にインターネットをいじり倒す」

まず第一回ということで、なぜこのような連載をはじめようかと思ったのかを簡単に。それからデザインは、ありがたいことに今年もたくさんのサイト制作を手がけています。毎月だいたい4サイトくらいのペースでしょうか。そのほとんどが中小企業のプロモーションを目的としたものです。
そんな中で、いつも思うことがあります。それはIT時代は刻々とスピードアップしているけれども「いまだインターネットというものがよく分からない」という方が非常に多いことです。しかし、これは当たり前のことです。恐がることはありません。なぜなら、インターネットをあまり使ってないからです。

実際、私が思った以上に、パソコンを持っていない方も多いのです。年配の方はもちろんですが、比較的若い方も、職場にはあるけど自宅にはパソコンがない、というケースが意外に多いのです。

会社でWEB担当になってホームページのリニューアルをまかされたけど、どう進めていいのか分からない、お店を開くけど予算がないのでホームページを自分で作りたい、など、商用のホームページ制作をお考えの方を想定して、このコーナーを不定期に連載していこうかな、と思います。

さて、前置きが長くなりましたが、第一回なので、あまり小難しいことはいいません。そもそも商用のホームページ制作なんですから、会社やお店の売り上げがホームページによってアップすればいいのです。単純な話です。

そこで、まず、ロールプレイングゲームをしましょう。

------------------------------------------------

問1/あなたは転勤により東京から大阪へ来月引っ越しをします。単身赴任です。ぎりぎりまで東京での仕事が入っており、引っ越しの準備に時間が取れません。荷造りからお任せできる業者を探してみましょう。

問2/あなたは来週末、彼女と初デートです。銀座で映画を観るところまでは決まっています。その後、いい感じのお店で食事をしたいのですが、彼女は中華料理が食べたいと言っています。映画を観終わってすぐに移動できるところで、中華料理屋さんを探してみましょう。

問3/あなたはそろそろ静岡の実家のリフォームをしたいなと思っています。だいぶ古くなった木造住宅なので、東海地震も恐いし、耐震性に優れたリフォームができる業者を知りたいと思っています。地元で信頼できそうな業者を探してみましょう。

とりあえず、Yahoo!もしくはGoogleを使って、上記の3問に挑戦してみてください。
その人になりきって、たくさん調べてみることが大切です。

------------------------------------------------

ホームページを作る前に、とにかく自分が利用してみること!
それが何よりも大切です。
| ホームページで集客アップ講座 | comments(0) | trackbacks(0)