最近のブログ記事
記事カテゴリ
年月別リンク
最近のコメント
サイトマップ

考える種を蒔く

スタッフブログ | 株式会社それからデザイン sole color design Co., Ltd ホームページ制作、WEBデザインをはじめ、広告制作を行っている「それからデザイン」スタッフによる本音トーク集。

ウェブ制作の内部体制への理解の重要性

「コード汚くてもデザインが見えればいいじゃん」への返答
という記事を読み、これは本当に大切な話だと思いました。

ウェブサイトに限らず、あらゆるコンピューター上で見ることが出来るものは、裏側に「コード」というものが書かれているからこそ、目に見えるものになっているわけなのですが、ここを書く仕事をしている人にスポットが当たりにくい傾向があります。

ウェブ業界の場合、デザイナーとは別に「コーダー」という専門職があります。デザイナーは文字通り、デザインをつくる人で、一般的にも認知されやすいのですが、コーダーは、コーディングを担当する人(コードを書く人)、です。一般的には、なかなか知られていません。
たとえば、新人さんがウェブ制作会社に就職したとして、自分の親に「自分の職業はコーダーです」と言っても、なかなか理解されないと思います(笑)。もちろん、人によると思いますが。

弊社の場合は、デザイナーとコーダーは兼務で、明確な分業はしていないのですが、それでもコーディングの品質は重要だと考えていて、様々な努力を日々しています。

たとえば、コードの記述については、弊社ではガイドラインを設定しており、スタッフ全員で共有しています。冒頭で紹介した記事にもあるように、メンテナンス性、アクセシビリティ、SEOの観点から、「コードをキレイに書く」ことはメリットだらけなのですが、クライアントにその部分を説明することはほとんどありません。
本当はしっかりと説明して、デザインなどの目に見える部分ではないところに宿る品質にも理解をいただきたいと思いますが、現実には限られた打ち合わせ時間の中で、なかなかそこに割くことができないのと、かなり専門的な分野になるので、興味関心を持ってもらいにくいこともあります。

たとえば、注文住宅でいえば、断熱性や気密性などは、“目に見えない領域”ですが建築において大変重要なことであるのは一般的にも理解されています。ウェブ制作においてのコードの品質は、それに近い気がします。たいへん重要な性能であるにもかかわらず、話がそこに及びにくいのは、我々ウェブ業界側にも責任がありますが、発注側の理解や知識レベルも上げていかないと、本質的な制作が行えないな、とも感じてます。

もちろん、クライアントがソースコードそのものを理解することは不可能なのですが、少なくともそういう部分にも品質の善し悪しが存在していて、そこに並々ならぬ努力と工数がかかっている、ということを知っていただくことでプロジェクトがスムースにいくことにつながっていくこともあると思うのです。

弊社の場合は、最低限の取り組みとして、コーディングやプログラミングの担当者にも打ち合わせの場に参加してもらい、クライアントへ「この人が裏側のコードを書く仕事をやっている人です」と紹介するようにしています。
大抵の場合、クライアントは「コーディング?」というような顔をしますが、少なくともウェブをつくっているのは、デザイナーだけではなく、複数の人が裏側で自分たちのために頑張ってくれている、という感覚を残すことはできていると思います。
(ウェブサイトの制作体制は、多くのクライアントにとってブラックボックスであり、何人でどのような作業をしているのかはまったく理解されていないケースが多い)
すごく地味な活動ですが、私はけっこう重要だと感じていて、少なからず、発注側であるクライアントにもプロジェクトの責任意識を感じてもらうことにつながっていると感じています。

「裏側の人の存在」を一度感じているクライアントは、自分の好みや感覚だけで、デザインをオーダーしたり、修正したりする前に、「ウェブ制作のプロジェクトメンバーの一員として」一緒に考えてくれるようになるケースが多いです。

一棟の家を建てるのに、設計士や大工や設備工や現場監督などがいるように、ウェブ制作の現場にも、複数の人数が品質を高める努力を結集させている。
まずは、その実態をもっと理解してもらう必要がある気がします。

ウェブ関連の方は、そのあたりどのようにお考えでしょうか?
なかなか難しい問題だと思いますが。
| ホームページ制作の仕事 | - | -

Webデザインの歴史など

私がWebサイトを仕事としてつくるようになってから、10年以上経ちました。

ウィキペディアによれば、最初のウェブブラウザが登場したのが1991年。
1993年に画像が扱える最初のブラウザ「Mosaic」が登場し、
このMosaicをきっかけとして、ウェブの利用者が激増するようになりました。

1993年と言えば、私が大学に入学した年です。
私は、理工学部数学科、という変わり者が多く集まる学科に、誤って入学し(笑)、
大学1年の時に、FORTRANというコンピュータ言語の授業を受け、
そこで、ソースコードを打って何かを表示したり、動かしたりすることを
初めて体験したのでした。

今では、大学生が自分のパソコンを所有し、インターネットやメールを扱うことは、
至極当然の風景ではありますが、
私の学生時代では、理工学部の学生と言えども、「電子メールのアドレス」は、
学生課に申請をして、面倒な手続きを乗り越えてやっと手に入るものでした。
そう考えると、そこそこ歳を重ねたなぁと思います。。

話は戻りますが、1993年にMosaicが普及し、
「ブラウザでウェブサイトを閲覧する」という行動が、
一気に浸透していき、その2年後には、
Windows95が発売され、Internet Explororというブラウザが、
圧倒的に一般のユーザーにも広まっていきました。

Webデザイン、というものが職業として成立したのが、何年あたりからかは、
ちょっと分からない部分ではありますが、
おそらく、「ウェブサイトをデザインする」ということをやり始めた人は、
Mosaic登場の93年からいたということになると思います。

企業がいわゆる「広告/販促」という用途で、Webサイトをつくりはじめたのは、
90年代後半からで、当時は、目的もあいまいなまま、
「Webサイトを持っていると大企業」というようなイメージのものであったと記憶しています。

現在は、2013年ですので、Webデザインが誕生してからちょうど20年目にあたる年です。
20年ってどういう長さでしょうか?
長いのか短いのか、とても微妙なところだなぁ、と個人的には感じます。

しかし、人間に当てはめれば20歳、成人の年です。
そろそろ物事の善し悪しとか、親に感謝するとか、
悪いことしたら実名公表されちゃうよ、とか、そういう年齢です。
と、同時に、まだまだ自分を探している時代でもあるし、
将来がはっきりと見えていない中で、模索するような青春感もあるでしょう。

逆に考えると、Webデザイナーのキャリア20年、という人はほとんどいないのです。
Mosaicの時代から、Webデザインで飯食ってます、という人に
残念ながら、私も出会ったことはありません。

それなだけに、実力や評価というものがとてもあやふやなまま、
この業界は、毎年ぐらんぐらんと価値観を揺さぶられるようなところがあります。

Webサイトの制作を依頼してくださるクライアント様から、よく
「Webデザインって、いったいどこに依頼すればよいのか、見当がつかなかった」
というようなお話を聞くことがあります。
老舗のWebデザイン会社とか、Webデザイナーの巨匠という存在がいないところが、
まだまだこの業界の日の浅さを感じる部分でもあります。

私自身は、この仕事をやればやるほど、独特な仕事だなぁ、と感じるようになってます。
Webデザインの「デザイン」とは、グラフィックとしてのデザイン、だけではないですし、
マーケティング、ユーザビリティー、データ解析、コンサルテーション、
様々な能力を求められているように思います。

グラフィックが得意だから、Webデザイナーに向いている、
という方程式が成り立つほど、この仕事は単純ではないようです。
バランスのよいオールラウンダー的な能力と興味関心が必要であり、
制作能力とともに、ビジネススキルも併せ持つ人が、今後は強く求められるのだろう、
そして、そうでない人は厳しい立場に置かれるのだろう、と
思っていたりします。

| ホームページ制作の仕事 | - | -

2013年始動中!

あっという間に年も明け、新しい1年がスタートいたしました。
それからデザインも元気よく、全員そろって新年の業務をスタートさせております。

本年もなにとぞよろしくお願いいたします!

そんなやる気いっぱいの2013年スタートですが、
誠に申し訳ございませんが、現在、大変多くのお問い合わせ・ご依頼をいただいており、
現在、新しい仕事のお引き受けが難しい状況となっております。

誠に申し訳ございませんが、お打合せ開始時期が2013年4月以降となります。

ひとつひとつのご相談に真摯に対応させていただくことが、それからデザインのモットーです。
そのため、どうしてもお引き受けできるボリュームに限り がございます。
今後、これまで以上に「いい仕事」をさせていただくための取り組みを行うとともに、
より多くのお客様のプロモーションをお手伝いさせていただける体制づくりにも
取り組んでいけなければならないと感じております。

今後も、社員一同、真摯に取り組んでまいりますので、
何とぞご容赦のほどお願い申し上げます。
| ホームページ制作の仕事 | - | -

2月、3月、4月・・・そして5月。

ご無沙汰してしまいました!
お陰様で、3月末に向け多くのお仕事をいただき、
急いで、しかし、妥協せず、一つひとつ大切にお仕事をさせていただいておりました。

そして4月以降も多くの会社様に、ホームページのご依頼をいただいており、
深く感謝しております。

このような時だからこそ、
webを通して、特に、日本の中小企業の皆様のお役に立てないかと思っています。

また落ち着きましたら、
2、3、4月に制作・公開させていただいた企業様の事例を
ご紹介させていただきます!
| ホームページ制作の仕事 | comments(0) | -

Webマーケティングの根本

JUGEMテーマ:インターネット
 昨年から弊社では、事業のもうひとつの柱として、
自社運営のWebサービスを企画開発しております。

ご予算の限られた企業様・個人事業主の方で、インターネットに不慣れな方にも、
自社のWebサイトを立ち上げていただくため、徹底的に操作感にこだわった、
CMSツールをリリースし、運営しております。

おかげ様で、たくさんの方にご利用いただいており、
Webに対する期待とニーズの高さを実感しております。


Webサイトのすごいところは、なんと言っても、
インターネット環境さえあれば、世界中のどんなところからでも、
訪問することができることです。

しかしながら、ここが多くの人にとって、ひとつの大きな罠となっていると感じます。

ディバイス(装置)として、世界中からアクセスが可能であることと、
世界中からの興味関心を集めることは、まったく別の話です。
つまり、ホームページを作成し公開していることが、
即、多くの人から興味関心を集めることにはつながらないということです。

そして、Webサイトの価値観をより複雑なものとしてしまっているのが、
検索エンジンと呼ばれる圧倒的な黒幕の存在です。
どうしたら多くの人からアクセスしてもらえるのか?
この手法が、企業や個人のWebサイトオーナーにとって、
単純明快なものではないため、あらゆる誤解が生じてしまう傾向があるようです。


たしかに、Webサイトの集客テクニックは、存在すると思います。
たとえば、Webサイトへ集客を高める大切な要素の一例として、
「内的要因であるテキストマッチを重要視してマークアップを実現しているか」
ということがありますが、
これを理解できてるWeb制作会社とそうでないWeb制作会社のサイトでは、
事実としてかなり結果は違ってきます。

表向きのデザインは、きれいに作られていても、
Webマーケティングを理解している私たち(のようなWebマスター)が、
裏側のソースコードを見れば、
「これではアクセスは集まらないな・・・」
ということは日常茶飯事、なのです。


ところが、これを私たちと同じレベルで一般のWebサイトオーナーや
異業種から参入してきたにわかの業者がマスターすることは、
非現実的であり、ほとんど不可能です。

このいかんともしがたいギャップが、SEO業者の漁場となっていて、
ありとあらゆるトラブルの温床となっている、というのが現状ではないか、と感じます。


Webサイトで広告(集客)することは、魔法ではありません。
魅了的な商品やサービスを紹介するためのツールのひとつにすぎないことには変わりないでしょう。
高額な費用をSEO業者にかけたり、
Webマーケティングを理解できてない業者に制作を依頼したり、
は、どうしてもギャップが生まれることになるので、私たちはおすすめしません。


それよりも、まずは身の丈に合った費用で、
できることからはじめることが大切なのではないでしょうか?
そして、Webテクニックより何より、一番大切なことは、
あなたの商品やサービスが競合他社よりも魅力的であること、
そして、それを世に伝え、成功したいという継続的な情熱を持っていることです。

それがあれば、こて先のWebテクニックは不要です。
既存のホームページにその魅力を叩き込んでいくことで、口コミも広がり、
業績も上がり、資金繰りに余裕も生まれてくるという、好循環が期待できます。

あなたの事業が好循環に入ってきたら、より高い目標を立て直し、
ある程度の費用をかけて、アクセスアップ対策や、
ホームページをリニューアルすることも一案だと思います。


| ホームページ制作の仕事 | comments(0) | -

編集プロダクション様 リニューアル公開

編集プロダクション カラーズ・ファクトリー様のホームページをリニューアル公開いたしました。


カラーズファクトリー


カラーズファクトリー様は、旅行書、書籍・ムック、各種パンフレット等、
幅広いジャンルの紙媒体の編集をされている会社様です。

代表の米村様は、実に気持ちのよい、さわやかなお人柄で、
これまでの制作実績の幅広さからも、多くの方に信頼されていらっしゃることが伺えました。

今回、カラーズファクトリー様とのご縁は、
昨年、弊社にご依頼いただいき、ホームページのリニューアルをさせていただいた
ブリッジワークス様からのご紹介。

お客様からのご紹介で、また新たなつながりが生まれていく・・。
Web制作者冥利に尽きます。

今回、お客様からの「自分で実績を更新できるようにしたい」というご要望も踏まえ、
全体の構築には、WordPressを採用し、サイト全体をCMS化しております。
更新性の高さにご満足いただき、早速ご活用いただいております。


| ホームページ制作の仕事 | comments(0) | -

筑波大学人文社会科学研究科様 リニューアル公開

昨年担当させていただいた、Inter Faculty(OJSというCMSを使った電子学術論文誌)に引き続き、筑波大学人文社会科学研究科様のWebサイトリニューアルを担当させていただきました。

今回はDrupalというCMSを用いています。
Drupalの構築は大学様の担当の先生が行い、弊社では、デザイン・コーディング・CSSカスタマイズを担当させていただきました。

アカデミックな場である大学院のサイトということで、
「つくば紫」と呼ばれる大学のイメージカラーを尊重してクラシカルに、
かつ、アシンメトリーな構図を採用し、
「よく見ると大胆」なデザインに仕上がったと思っています。

大学様からも「CMSに見えない!」というおほめの言葉をいただきました!

CMSを「いかにもCMS」として見せずに、どう使うか。
デザイナー、コーダーの力の見せどころでもあります。

筑波大学人文社会科学研究科



| ホームページ制作の仕事 | comments(0) | -

今後、すべてのWebサービスで考慮すべきこと

ユーザー登録をして、利用するWebサービスにとって、
これから必ず考慮していかなくてはならないだろう、
と私自身考えていたことがあります。

通常のWebサービスでは、発行されたユーザーアカウントは、
登録ユーザーのみが利用できるものであり、
第三者への開示は、個人情報保護の観点等からも、できないはず。

そして、利用規約に同意した者のみに、アカウントが発行される。

Webサービス内で、ユーザーは、
あらゆる形で“自分の足跡”を残していく。

大げさかもしれないが、ユーザーの“生きる証”が、
ネット上に構築され、保存されている。


では、ユーザーが亡くなった場合、
そのアカウントはどうなるのか?

利用規約では、登録した本人でない限り、
アカウント情報を開示できないのだから、
そのサービスが終了することのない限り、そのまま放置されることになる。


遺された者は、それを希望する場合もあるだろうし、
そうでない場合もあるのだろうと思う。

私は、mixiやブログなどスを利用しながら、
時折、漠然とそんなことを思ったりしていたのですが、
facebookが昨年からこんなサービスを開始しているようです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/27/news074.html
気づくのちょっと遅かったですが・・。


弊社も、Webサービスを企画開発し、運営している立場。
このようなIT業界の動きは、非常に重要なことだと感じますし、
インターネットそのものが、多くの人の生活習慣に入り込んできた時代だからこそ、
考えていかなくてはならないことだと思います。


| ホームページ制作の仕事 | comments(0) | -

信頼を提供する仕事

ご報告が遅くなってしまいましたが、監査法人まほろば様のホームページをご納品しました。


監査法人まほろば


監査法人といっても、一般の方にはどんな仕事なのかピンと来ない方も多いのではないでしょうか?
まほろばさんは、監査経験が豊富なベテラン&敏腕の公認会計士の方で組織されたプロフェッショナルチーム。

会計監査業務をはじめとしたコンサルティングを行っていらっしゃいます。
今回、弊社にご依頼くださったご担当の岩田様は、元々は、
弊社が長くお付き合いさせていただいているクライアント様のお知り合いの方で、
今回、ホームページのリニューアルをお考えとの事で、ご紹介いただいきました。

コーポレートカラーである、濃紺をベースに、
コンサルティングファームとしての“信頼性”を表現するデザインを目指しました。
トップページのTopics欄は、弊社独自に開発したアプリケーションを導入し、
お客様の方でも、簡単かつスピーディーに更新ができる設計となっています。

| ホームページ制作の仕事 | comments(0) | -

一人歩きするIT?

世の経済状況のことはさておきですが、
IT分野の技術革新というものは、まだまだ留まるところを知らない感じですね。


先日、それからデザインでは、スタッフ総出で、
WordCamp Yokohama 2010』というイベントに参加してきました。

どのようなイベントかと言うと、
WordPressというオープンソースアプリケーションに関する大型セミナー。
WordPressを超簡単に、乱暴に説明しますと、
これをうまく導入することで、Webページの追加更新が、
誰でも簡単にできるようになる優れものです。(活用法はそれだけではないですが・・)

弊社の場合、コーポレートサイトを制作する機会が多いので、
HTMLやCSSに不慣れなクライアント担当者様でも、
WordPressを導入することで、自社サイトの管理運営を楽に行えるようにできるため、
積極的にご提案させていただいております。

前述の『WordCamp Yokohama 2010』というイベントでは、
興味深い話も多く聞けましたし、最新バージョンの情報など、
これからのITの可能性も大きく感じることができました。

しかしながら、このイベントに限らない話ではありますが、
根本的なところで、多くの疑問も感じています。

たとえば、WordPressを本当に有効に活用するには、
まずは、WordPressを知らない人に使ってもらうこと、なのではないでしょうか。

もちろん、技術の進歩は、素晴らしいことです。
しかし、私たちがこれまでWeb制作の現場で、たくさんの仕事をしてきた中で、
クライアント担当者様から「WordPress」という言葉を聞いたことは、一度もありません。
WordPressの素晴らしさを知っているのは、Webのプロか、一部のマニアだけであって、
実際のコーポレートサイトに利用されているケースは、まだまだ少ないのではないか、と思っています。

「こちらから提案して、はじめて導入される」
ということが基本的な立ち位置であることは、間違いないと思います。

これはWordPressに限ったことではないと思います。


誰が、どのように使うと、どう便利になるのか?
Web業界は、そこのところの会話がかなりなされていない気がします。

こんなこともできるよ、あんなこともできるよ、へーすごいね。
という専門家同士の、ゼミナールに終始しており、
マーケティング的な視点の欠落を感じることが多々あるのです。


最近、ニュースをにぎわせているipadも同様でしょう。

誰が、どう使う? で、結局何ができるの?
という超当たり前の疑問について、切り込んでいる興味深い記事がありました。
「なんだ朝日新聞は読めないのか」――高齢者がiPadを使ったら?


それからデザインは、最新でかっこいいWebサイトを提案する訳ではありません。
Webや技術はひとつの道具に過ぎないと考えます。

「誰かの困った」に最適なソリューションを与える。
そのために、弊社は、新しい技術にもどん欲に挑戦していきたいと考えています。


| ホームページ制作の仕事 | comments(2) | -