最近のブログ記事
記事カテゴリ
年月別リンク
最近のコメント
サイトマップ

考える種を蒔く

スタッフブログ | 株式会社それからデザイン sole color design Co., Ltd ホームページ制作、WEBデザインをはじめ、広告制作を行っている「それからデザイン」スタッフによる本音トーク集。

正しい言葉も、乱用され、古びていく

それからデザインという会社は、社名にもデザインと入っているように、
Webサイトをデザインしたり、ロゴマークをデザインしたりする会社です。
そういう会社は、このご時世、数だけはものすごく多くて、
その中で特徴を持ち、クライアントから選ばれ続けていくことは、
大変難しいことであると実感します。

私がこの仕事を「自分の仕事」として選び、日々模索しながらも、独立してから今年で9年。
来年は「それからデザイン」という名前を世に放ってから、10年ということになります。
少しは歳を取りました。

10年近くもこの仕事をやっていると、その間に、世の中にもいろいろと変化がありました。
リーマン・ショックや、東日本大震災など、大きな社会的変化は、
私たちのような広告をデザインする仕事には、
少なからず影響があったことは言うまでもありません。

デザイン会社として、求められる能力も、時世とともにぐらんぐらんと変化してきました。
たとえばWebの場合は特に顕著で、
2007年前後は、Flashでいかに派手でインパクトのあるものが作れるか、
がコンペで勝利するひとつの条件のようなところがありました。
iPhone,iPadの台頭とともに、今ではすっかり影を潜めて、
多くのWeb制作会社は、Flashから手を引いています。

私が独立し、それからデザインを立ちあげて間もない頃、
やはり社名を持つ以上は、企業理念が必要だと思い、
「デザインとは何か」
「何のためにデザインをするのか」
「なぜ自分はこの仕事を選んだのか」
などを、自問しました。2004年のことです。

有名なデザイナーのサイトや、クリエイティブ系の会社のかっこつけたサイトなども見て、
私にはどうも腑に落ちないものを感じていました。

かっこいいことは、もちろん大好きです。
ただ、その評価を誰がどのようにするのか、が問題であると思います。

好きな言葉のひとつに「用の美」という言葉があります。
私の勝手な解釈が入るかもしれませんが、
「実用性の中に美しさがあり、また実用されることそのものも美しいこと」
という意味であると思っています。

美術作品には、いろいろな形があるとは思いますし、
観賞用として存在することだけでも意味を持つことはあるでしょう。
ただ、私が、自分の会社で、自分の一生の仕事としてやる「デザイン」は、
実用性とは切り離したくないな、と思います。
依頼主の役に立ち、成果を生み出すための道具でありたいと思います。
そして、使われることで美しさが完成するものを目指したいと思っています。


話が前後しますが、時は流れ、今はアベノミクスなる言葉も流通し、
ロハスって何?それ食えるの?みたいな時代に進んできています。
追い込まれた日本が、実用性を再び求め始め、
多くのデザイン会社のサイトでも、「目的を叶えるデザインを作ります」とか、
「コミュニケーションをデザインします」というような言葉を打ち出すようになりました。

これもまた、私にはどうも腑に落ちないのです。
それでは、肝心のデザインは変わったのでしょうか?
制作過程において何か大きな変化が生まれたのでしょうか?
それだけの勉強や研鑽をデザイナーは積んでいるのでしょうか?

デザインって無形物です。
突き詰めないと、本当に何とでも言えてしまう怖さがあります。


独立して間もない頃に出会った一冊の本があります。
タイトルにまず惹かれました。

お客のすごい集め方

この中で実に面白いデザイン実例の比較があります。
ラーメン屋のポスター事例で、プロのデザイナーが作ったキレイなものと、
店主がマジックで想いを書きなぐったものの比較。
本では、どちらが反響のくるデザインでしょうか?と問いかけています。

例がちょっと極端にはなるのですが、この本を読み、
デザインしないこともデザイン、という場合があることを知り、
これは大変おもしろいことだと感じました。

私がデザインをする目的は、とてもシンプルです。
依頼主とともに、求める成果を達成するために、デザインを戦略的につくりだすことです。
そのためには、感性も必要ですし、理性も必要です。
そして、社会情勢や顧客心理、依頼主の事業へ深い理解を得ることが絶対条件になります。

そういうことが、「コミュニケーションをデザインする」ことだと思っています。

| 広告制作の仕事 | - | -

facebookセミナーを開催

 最近のIT関連ニュースでは、専らfacebook関連の話題で持ち切りですが、
それからデザインでも、新しい試みといたしまして、
本日(3/9金)、facebookセミナーを開催させていただくことになりました。

これまで弊社でWebサイトを制作させていただいた企業様、
日頃、お世話になっている、編集プロダクション様、広告関連会社様に
お声掛けをさせていただいて、僭越ながら、私、佐野がお話をさせていただきます。

ただし、専門のメディアコンサルタントの方や、
ソーシャルネットワーク関連に特化した企業様の開催されているような、
いわゆる「facebookを使いこなして、SNSマスターになろうぜ」的なものではなく、
「facebookというツールを上手に利用して、中小企業のビジネスの手助けをする」
という内容を予定しています。

今回は、私たち自身もはじめての試みということもありまして、
ご招待制での無料開催とさせていただきました。
セミナーというよりは、勉強会、というスタンスで、
ご参加いただいた方それぞれが、ヒントを持ち帰れるような場にできれば、
と考えております。

セミナーの様子など、レポートも今後ご紹介できればと思っていますので、
どうぞ、お楽しみに!
| 広告制作の仕事 | comments(0) | -

気持ちのよい仕事

Web関連の仕事をする中で、実にたくさんの人と出会います。
様々な業界の様々な事業規模の会社と打ち合わせをします。
そして、毎回、本当に多くのことを学びます。

多くの方と、打ち合わせをさせていただく中で、
コミュニケーションの取り方の心地の良い人と、
そうでない人とがいます。

それは、性格の相性とか、そういうことだけではなさそうです。


私たちは、どんな方ともできる限り、
前向きなお話をさせていただきたいと考えており、
弊社の所有する知識や技術を、いかんなく発揮させていただくことを大切にしています。


心地よい、と感じる打ち合わせは、
双方が、心を砕き、誠意を持ち寄って、活発な意見交換ができるときです。
そこには、発注と受注などの主従関係は存在せず、
「共に同じゴールを目指す」というさわやかな関係のみが存在します。


一方、心地よくない、と感じる打ち合わせは、
腹の底、とか、裏、というものを感じさせる空気がある場合です。

打ち合わせがそのような「駆け引き」にならないよう、
まずは、私たちが心を砕き、さわやかな存在であろうと
努力するようにしています。


| 広告制作の仕事 | comments(0) | -

リーダー研修を受けてまいりました

今週の水曜日〜木曜日の2日間、
「リーダー研修」なるものを受講してまいりました。

状況に応じて、取るべき行動を柔軟に変える

という内容です(説明、かなり大雑把ですが・・)。


今まで、なんとなくそうしていたことでも、
あらためて、体系的に勉強することで、
これから経営者として、共に働く仲間や、取引先の方に、
どう接するべきか、明確に理解できました。

グループワークも多い研修だったので、
他の企業からいらっしゃっている方とも、
たくさんご挨拶させていただくことができ、
非常に有意義な時間を過ごすことができました。

研修は、研修のままで終わらせてはいけません。
どのように現場で活用できるか、を考え、
ひとつでも、実行に移していくことが大切だと思います。

研修の最後、一緒に受講された方が、印象に残ることを言っておられました。

『リーダーシップとは、今まで素質や天性といった部分が大きいと思っていた。
でも、この研修を受講して、リーダーシップとは科学であり、
誰でも身につけられるものだと知った。』


本当に、そうなんだと思います。
この研修は、そういうことが明確に分かる内容でした。


研修の修了認定書
修了認定書。こういうものをいただけると、うれしいものですね。


| 広告制作の仕事 | comments(0) | -

クリエイティブに存在する事由

線路に物を落とされた方は・・・

線路に物を落とされた方は
駅係員にお申し出ください


上記の写真は、駅ホーム内にあるものです。
線路に物と落とした場合に使うマジックハンド?
のようなものが収納されているアレです。
(実物を見たことはないのですが)

私は、幼い頃からなぜかこの看板がずっと心に残っています。

調べたわけではないのですが、
おそらく数十年、このデザインは変わっていないのではないでしょうか。

それは、このデザインが大変優れているからに他なりません。


少しだけ考察してみます。
この広告が優れているのは、
一言でいうと、少ない要素で多くの情報を伝えているところです。

ビジュアル要素は、
駅員さん・女の子・マジックハンド、その下の緑文字
これだけです。
しかし、緑の文章を読むまでもなく、一目で、

『線路に物を落としたら自分で降りたら危ないから絶対ダメだよ。
駅員さんがこの棒で取ってあげるから声をかけるんだよ』

と語っていることが分かります。


もう少し掘り下げてみると、

◎黒のシルエットを使うことによる、不安・恐怖感
 →自分で降りたらダメ!危険だよ!と語っている

◎女の子の腕が開いているのに対し、駅員の左腕はきちっとしている
 →不安げな女の子に対し、駅員は安定的な姿勢で冷静&頼れそう

◎駅員さんと女の子の距離が適切
 →他人同士の関係が表現されている
 →2人をこれ以上近くに配置すると『親子』のように見える可能性がある


挙げればもっとありそうですが、
シンプルなデザインの中に、
計算し尽くされた『デザインの事由』が存在しています。


言葉で説明しなくても、ピンと来る。

優れたデザインとは、
見る人に対し、無意識のうちに、
明確な情報を伝えられるものです。
そして、その裏には知識と理論が存在します。


私たち、それからデザインにおいても、
このようなデザイン制作を目指し、日々実践しています。

お仕事を進めさせていただく中で、
すべての意味や事由を、こと細かく説明することは、
現実的には難しい部分もありますが、

感覚やセンス、というものだけではなく、
このような『理屈』が存在しているものであることを、
クライアント企業様にもご理解いただけるように、
日々努力しております。


| 広告制作の仕事 | comments(0) | -

TKC経営戦略セミナー

渋谷にて、弊社がお世話になっている税理士の先生が主催される
経営戦略セミナーに参加しました。
昨年も参加させていただいたので、今回で2回目です。

今年は、「事業継承」のお話が中心でした。
私は、(経営者としては)まだ若いですし、
おかげさまで健康にも特別な問題もなく、
会社の経営を誰かに譲ってリタイアする、なんてことはまったく考えたこともなかったです。
というか、まだまだこれからの会社ですし。

しかし、いずれ私もリタイアする時は必ず訪れるわけです。
そのときに、

「私、そろそろ辞めたいと思いますので、廃業することにしました」

ということでは、
弊社のスタッフのみならず、
今おつき合いさせていただいている取引先や、
協力してくれている同業者の方など、
迷惑をかけてしまうことになるわけです。

そもそも、いつつぶれるか分からない会社と取引したいところなんてないわけです。

会社というものは、産声を上げた時点で、
存続し、成長し続けることを運命づけられています。
ですので、弊社も取引先に信頼され、安心してお任せいただけるような、
そんな永続的な存在でなくてはなりません。


事業継承は、まだまだ先のことだけれど、
長い長い道のりを、一歩ずつすすめて、会社を発展させていきたいと思います。
そのために、昨夜は今一度、会社の理念について考え直してみたところです。
| 広告制作の仕事 | comments(0) | -

ねじれがあるからこそ、広告が活きる

それからデザインでは、
Webサイトの管理をさせていただいているクライアント様に
毎月1回「それから通信」なる情報フリーペーパー(といったらかっこ良すぎるが)
をお送りしているのですが、
この記事は、先ほどそれに寄稿した内容です。

広告は、対象となるものにねじれがあるからこそ活きる、という話。

どういうことかというと、
たとえば、企業広告の場合、
その会社が、順風満帆で、業績もよく、CIもいい方向で確立されている場合、
広告でできることはあまりないのです。

そのような状況で広告デザインをご依頼いただいた場合、
私がまず考える(気をつける)のは、その状況を壊さないようにすること。
と書くと消極的な感じがしますが、
そこを壊すことなく、プラスONしていくことが求められます。


それに対し、その会社の取り巻く状況に逆風を感じる場合。
広告の持つ意味は、とても大きくなります。
社運をかけるといっても過言ではないでしょう。

広告が本当に必要とされる時。
それは、往々にして、後者の場合です。


本日、公開となったのですが、
それからデザインが、制作を担当させていただいたサイトをご紹介します。
日本たばこ産業株式会社様(JT)の2010年度新卒採用サイトです。
現在の大学3年生に向けた採用特別サイトとなります。

JT 2010年度新卒採用サイト
http://www.jti.co.jp/JTI/recruit/fresh/intro.html

まさに禁煙ブームの時代で、
たばこを製造し、販売する会社です。
(しかし、業績は決して悪くない会社です)

まだComing soonのページが多く、
12月まで、徐々に追加され完成させていく予定です。
| 広告制作の仕事 | comments(0) | -

広告戦略を企画から含めてやっています。

それからデザイン、という社名は、私がつけたものです。
様々な方に『いい社名ですね』とお誉めいただくことがしばしばあります。
私自身ももちろん気に入っている名前です。

しかしながら、時折、この社名が少し歯がゆく感じることがあるのです。
それは、言葉は少し乱暴ですが、
『単なるデザイン会社』
と思われてしまいがちなところです。

もちろん、Webや広告物のデザインを制作している会社ですので、
間違ってはいません。
でもでもでもでも、私たちのいう『デザイン』とは、
『広告制作から、問題解決への道筋をデザインしていくこと』なのです。

そのために、ただ単にWebやパンフレットをデザイン制作するだけではなく、
広告戦略、企画の立案、取材・原稿執筆、アートディレクションなども含め、
少数精鋭かつワンストップで、制作工程のすべてをお引き受けさせていただいています。

社長の私は、もちろん現役デザイナーでもあるのですが、
いわゆるデザイナーの立場だけで仕事をしていては、
いいものづくりというのは実現できないことがほとんどです。

企画や編集にも、かかわってこそ、
本当にいい広告が実現するものと考えています。

| 広告制作の仕事 | comments(0) | -

エディトリアルデザインとWEBデザイン

今日は金曜日で、明日からは三連休。
カレンダー上ではね。。

今週は久しぶり?というかなんというか、WEB制作よりも、紙のデザインばかりをやっている一週間です。業界ではパンフレットや雑誌などの紙媒体のデザインをエディトリアルデザインなどというのですが、このエディトリアルデザインとWEBデザインとは、頭の使いどころが実は全く違います。

どこが違うの?と聞かれるとたくさんあるので困ってしまうのですが、私の考える一番大きな違いは、読者の「目線の動き」です。雑誌の場合は、見開きが右だったり左だったりで、それぞれ当然レイアウトも違いますし、チラシなどの場合は、ど真ん中に一番目立たせたいものを入れることもありますし、まあ要するに、デザイナーの意図で読者の目線の動きを誘導することが出来ます。それに対してWEBの場合は、基本的に目線は「上から下」です。WEBページを真ん中から読み始める人はいません。メニューも上か左にあるものと読者はあらかじめ思っています。そういう「目線に逆らわないデザイン」をすることが大切だと考えています。

エディトリアルデザインは、やりようによっては、まさに自由なデザインが可能なので、自分の発想力やセンスがいかんなく盛り込めるので、楽しいものです。
WEBデザインは、ある意味で「制約」が多いのですが、その中でいかにいいデザインを創造するかも腕の見せ所であり、これもまたすごくやりがいがあるのです。

そんな中、普段はWEBデザインの仕事が多い私ですが、やはりたまにはエディトリアルデザインもやっていきたいな、とちょっと思ってる今日この頃です!
| 広告制作の仕事 | comments(0) | trackbacks(0)

成果に至るまでの「過程」をデザインする

制作するべきことが山積みです。
ひとつひとつの仕事を丁寧にやるからこそ、仕事は溜まっていき・・・。ありがたいことなのに、ストレスも増えていき・・・。
この世の中は矛盾に満ちています。

デザインの仕事には、正解がありません。
幾とおりもの可能性の試行錯誤の繰り返し。
やっとたどり着いたかと思えば、思い過ごしのこともあったりします。

しかしながら、デザインという仕事には「正解」はないけど、「答え」はあると私は信じています。
それからデザインもクライアントさまも「そうそうこれ!!」と思えるようなカタルシスがどこかに用意されていると思っています。

そこにはなかなかたどり着けないこともしばしばですが。


十人十色といいますが、本当にそのとおりで、双方の目指す方向性を一致させるというのはなかなかに骨の折れることです。

広告である以上、「売り上げ」という成果につなげることが大前提ですが、そこにいたる「過程」。

その過程こそが、クライアントさまの企業(店舗)理念であって、それからデザインもよく理解し、大切にしたい部分だと考えています。


秋の長雨を横目に、うなりながら、知恵を絞り、キーをたたき、マウスをこねるのであります。
| 広告制作の仕事 | comments(0) | trackbacks(0)