最近のブログ記事
記事カテゴリ
年月別リンク
最近のコメント
サイトマップ

考える種を蒔く

スタッフブログ | 株式会社それからデザイン sole color design Co., Ltd ホームページ制作、WEBデザインをはじめ、広告制作を行っている「それからデザイン」スタッフによる本音トーク集。
<< 夏季休業のお知らせ | main | 筑波大学人文社会科学研究科様 リニューアル公開 >>

今後、すべてのWebサービスで考慮すべきこと

ユーザー登録をして、利用するWebサービスにとって、
これから必ず考慮していかなくてはならないだろう、
と私自身考えていたことがあります。

通常のWebサービスでは、発行されたユーザーアカウントは、
登録ユーザーのみが利用できるものであり、
第三者への開示は、個人情報保護の観点等からも、できないはず。

そして、利用規約に同意した者のみに、アカウントが発行される。

Webサービス内で、ユーザーは、
あらゆる形で“自分の足跡”を残していく。

大げさかもしれないが、ユーザーの“生きる証”が、
ネット上に構築され、保存されている。


では、ユーザーが亡くなった場合、
そのアカウントはどうなるのか?

利用規約では、登録した本人でない限り、
アカウント情報を開示できないのだから、
そのサービスが終了することのない限り、そのまま放置されることになる。


遺された者は、それを希望する場合もあるだろうし、
そうでない場合もあるのだろうと思う。

私は、mixiやブログなどスを利用しながら、
時折、漠然とそんなことを思ったりしていたのですが、
facebookが昨年からこんなサービスを開始しているようです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/27/news074.html
気づくのちょっと遅かったですが・・。


弊社も、Webサービスを企画開発し、運営している立場。
このようなIT業界の動きは、非常に重要なことだと感じますし、
インターネットそのものが、多くの人の生活習慣に入り込んできた時代だからこそ、
考えていかなくてはならないことだと思います。


| ホームページ制作の仕事 | comments(0) | -
コメント
コメントする