最近のブログ記事
記事カテゴリ
年月別リンク
最近のコメント
サイトマップ

考える種を蒔く

スタッフブログ | 株式会社それからデザイン sole color design Co., Ltd ホームページ制作、WEBデザインをはじめ、広告制作を行っている「それからデザイン」スタッフによる本音トーク集。
<< 内側からにじみ出すもの | main | やせ我慢 >>

音楽家とマーケティングについて

 つい先日、ツイッターでこんなつぶやきをしたのですが・・・

『芸術とマーケティングは相反しているとは思わない。 音楽家はもっとマーケティングを勉強した方が良いと思う。そうすれば、届けるべき音楽がもっとクリアになるし、創造へのモチベーションも上がるはず。それは迎合とは違う・・・・』

このツイートに、音楽仲間でもあり、お世話になっているイラストレーターでもある
寺尾仁志さんが反応して、素敵な情報を教えてくださいました。

糸井重里さんのあの“ほぼ日”で、
実に面白い連載をされています。

糸井さんとHubSpotというアメリカのマーティング会社の対談なのですが、
これが「お〜〜」という感嘆の連続でした。

何が「お〜」なのかは、以下を読んでいただければ、
ということでしかありませんが、
とにかく、私がつぶやきたかったことの、100倍くらいちゃんとしたお話が
されているということです。

▼ほぼ日刊イトイ新聞 - Unusual
http://www.1101.com/hubspot/2011-07-15.html


音楽もデザインも、クリエイティブな仕事ではあるけれど、
他の業種と比べて、特殊な仕事だとは私は思いません。
お客様がいて、そこの満足があるからこそ、成立するもの。
いわば、サービス業です。

だから、本当に大切なのは、しっかりとマーティングされた
持続可能な活動なのではないか、と。

アルバム1枚出して、それが最高傑作で、
爆発して解散しちゃうくらいの、
破滅的なロックバンドも、もちろんかっこいい。

でも、これからの時代は、私は違うと思うのです。

つい数日前にも、天才シンガーが亡くなったニュースがありました。
でも、これからは、そうでない、もっと持続可能なかっこよさが、
ちゃんと受け容れられるはず、と私は思っています。

私のクリエイティブの発端は、そんなDIYなアーティストへの憧れ。
学生時代に夢中になった、Teenage Fanclub、Pastels、BMXバンディッツ等の
グラスゴー一派のアーティスト達も、今なお、DIY的な活動を持続していて、
本当にかっこいいです。

日本は、まだまだそういう感覚を持った
地に足をつけて活動している表現者が少ないと思います。


それからデザインがどんな集団になっていくのか、
そこも含めて、まだまだこれからではありますが、
“自立”と“持続”は、最重要テーマであると思っています。

| 日々の雑談 | comments(0) | -
コメント
コメントする