最近のブログ記事
記事カテゴリ
年月別リンク
最近のコメント
サイトマップ

考える種を蒔く

スタッフブログ | 株式会社それからデザイン sole color design Co., Ltd ホームページ制作、WEBデザインをはじめ、広告制作を行っている「それからデザイン」スタッフによる本音トーク集。
<< やせ我慢 | main | 夏季休業のお知らせ >>

黄金町バザール2011

私は10歳〜27歳まで、横浜にある京浜急行の黄金町という駅から、徒歩10分ほどの場所で暮らしていました。
今でも実家はその場所にあります。
渋谷や新宿からなら、1時間ちょっとですので、帰省というほどの距離でもないのですが、
年に3回くらいは、帰っています。

神奈川県にゆかりのある方なら、ご存知ではあると思いますが、
黄金町というエリアは、横浜の中でも、かなりディープな歴史を持っているところです。

すぐ隣は、伊勢佐木町という繁華街であることから、
ジャズや映画といった文化が身近にあるところでもありますし、
かつては、暴力団が多い地域でもありました。

私が中学生の頃は、あぶない刑事、というドラマの撮影をやっていた地域でもあり、
また、そのちょっと後では、濱マイクの舞台となった
日劇がある場所です。

しかし、なんといっても、黄金町と言えば、
京浜急行のガード下にずらっと並ぶ、売春小屋が全国的にもとても有名で、
行政の度重なる撲滅運動と、またじわじわと復活する売春宿のいたちごっこを繰り返しているところでもあります。


私はそんな訳ありな場所で多感な少年期〜青年期を過ごしたわけですが、
子供というのは無邪気なもので、親が(おそらく)暴力団だろうという同級生とも普通に仲良く遊んでいたし、
自分の住む街が、世の中一般的には、“いかがわしい街”というレッテルが貼られていることを知らなかったし、
全く気にしたこともなかったです。

しかし、大人になって、地元がどこか、どんな場所で育ったのか、
などの話題をする機会も多くなっていくに連れて、
「黄金町?!、ずいぶんスゴいところに住んでいたんだねぇ」と言われ、
「あ、そうなんだ。黄金町ってそういうイメージなのね」
という認識をしていったようなところがあります。


そんな我が故郷、黄金町が、最近劇的な変貌を遂げようとしていて、
暴力と売春の街だったのが、アートの街として生まれ変わろうとしているとのこと。

横浜市や警察がいろいろと試行錯誤してきた歴史を知っているので、
「まぁ、いつもの感じで、一瞬キレイにしても、またすぐに元通りになるだろう」
という程度の認識だったのですが・・・。


前置きがとても長くなりましたが、
その黄金町で8/6から開催されている
黄金町バザール2011」に行ってみました。

若手のアーティストが、かつて売春小屋だったガード下で、
様々な創作を展示したり、制作中の現場を公開していたり。



告知のパンフレットや広告物のデザインもしっかりしていて、
正直、思ったよりも、ぜんぜんしっかりしたイベントの佇まいで驚きました。



私が過ごしてきた街の情感は、なりを潜め、
決して社会的に褒められた風情ではなかったけど、
それはそれで少し寂しい気もしますが。

でも、こんな形で、若者が何かを発信する場所になるのであれば、
それはそれで、とても喜ばしいことだと、素直に感じました。
私も、音楽やデザインをする身ですので、100%応援します!

イベント自体は、ロングランで、11月まで続くようなので、
実家に顔見せがてら、時折、立ち寄ってみようと思います。

>>黄金町バザール2011

| お知らせ | comments(2) | -
コメント
どもども。またもお久しぶり。
Facebook承認ありがとう。
ってことで、佐野ちゃんのブログを見にきたんだけど、
そだ、佐野ちゃんって実家、黄金町界隈やんね!?!?
実は、ウチ、いま一本松小学校校区に住んでいます。
てことで、帰省の折には、ぜひ飲みに行きましょう。
今後ともよろしくです。
| uracci | 2012/01/16 8:31 PM |
uracchi、すまん!
今頃、コメント気がついた・・・汗
そうなんですね!一本松の近くということは、私の実家からは本当に近いですよ。久保山のバス停から橋を一本松側と逆の方にいってすぐのところ。
盆とか正月とか、正直、帰省してもかなり暇なのでw、ぜひ飲みましょう!!
| 佐野 | 2012/03/14 2:40 PM |
コメントする