最近のブログ記事
記事カテゴリ
年月別リンク
最近のコメント
サイトマップ

考える種を蒔く

スタッフブログ | 株式会社それからデザイン sole color design Co., Ltd ホームページ制作、WEBデザインをはじめ、広告制作を行っている「それからデザイン」スタッフによる本音トーク集。
<< 年末年始休業のお知らせ | main | 他人の大人に育てられた >>

年賀状の立ち位置

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2012年、今年のスタートは、やはり例年とは少し違ったものを
感じている方が多いと思います。
弊社宛にも、たくさんの年賀状や新年のごあいさつメールなどをいただきました。
ありがとうございます!

ところで、この年賀状、近年では出さない方も多くなっている印象もありますが、
みなさまは、どうでしょうか?
最近では、フェイスブックやmixiなどのようなSNSで
簡単に新年の挨拶をすることもできますし、
少し前に流行っていた、インターネットで送信できるグリーティングカード等もあります。
たしかに、「わざわざ50円のハガキを買って、印刷したものを送らなくても・・・」
と考える方がいるのも、一理ある気がします。

私の場合は、こんな感じです。

・会社の活動でお世話になっている方には、年賀状を送る
・以前から年賀状を送ってくれている知人・友人・親戚・恩人などには、私からも送る
・最近知り合った方や、インターネットで常時つながっている知人・友人には、年賀状以外の方法でご挨拶する


個人的な考えで言えば、民営化されたものの、郵政の独占的なビジネスである年賀状は、
利用する側もそろそろ考え直してもいいのかな、という気はしています。
しかし、中には「年賀状をやめたらおそらく連絡が途絶えるだろう」
という方がいらっしゃるのもまた事実。
これは、やはり寂しいことだと思うのです。

人生の転機となるような出会いだった恩師や、
電話やメールでは連絡を取る機会がないけれど、「どうしているのかな」と時々思う方と、
“年に一回の社交辞令”を交わす意義が、やっぱりあると思うのです。

その絶妙な距離感を実現できる媒体として、年賀状の代わりになるものが、
どうも見当たらないな、というところに行き当たります。

そのひとつの理由が、年賀状の持つ
“世代を超えて共有できる”という性格に依るところも大きいと思います。
今の10代や20代の若い世代が、年賀状を送っているかは疑問ではありますが。

また、年賀状でのあいさつと、メールでのあいさつでは、
やはり“伝わる温もり”が、違う気もします。

こんな話をすると誤解されそうですが、私は年賀状推進派という訳でもないのです。

ただ、温度感や距離感、というものが、
インターネットではまだまだ不得意なのかもしれませんね、
という話。
| 日々の雑談 | comments(2) | -
コメント
実際、考えさせられますよね、年賀状の持つ距離感を上手く埋める効能。
上手い事表現してくれてると思います。ありがとうございました。
今年は、知人友人親戚は年賀状、仕事関係はメ−ル、にしました。
やっぱ、その後は訪問とか電話とかでフォローしたりもしてます。
若い世代の例:家の話ですが20の娘は年賀状出しゼロ、受け1。18の息子は出し受けゼロ。全て携帯メールでのやり取りで済ませたよう。16の次女は33出し、28受け。人それぞれになって来たかな。
| Chrys K | 2012/01/12 12:00 AM |
Chrys K様
コメントありがとうございます。
お子様の年賀状送受信データ(笑)も、ありがとうございます!
非常に興味深いです。
16歳の娘さん、すごいですね。将来大物になられるのでは?
人それぞれ、いろいろな部分でそうなっていきそうですね。
| それからデザイン 佐野 | 2012/01/12 10:32 AM |
コメントする