最近のブログ記事
記事カテゴリ
年月別リンク
最近のコメント
サイトマップ

考える種を蒔く

スタッフブログ | 株式会社それからデザイン sole color design Co., Ltd ホームページ制作、WEBデザインをはじめ、広告制作を行っている「それからデザイン」スタッフによる本音トーク集。
<< それからデザインのSEO内部対策:META Descriptionを工夫する | main | 夏期休業のお知らせ >>

ウェブ制作の内部体制への理解の重要性

「コード汚くてもデザインが見えればいいじゃん」への返答
という記事を読み、これは本当に大切な話だと思いました。

ウェブサイトに限らず、あらゆるコンピューター上で見ることが出来るものは、裏側に「コード」というものが書かれているからこそ、目に見えるものになっているわけなのですが、ここを書く仕事をしている人にスポットが当たりにくい傾向があります。

ウェブ業界の場合、デザイナーとは別に「コーダー」という専門職があります。デザイナーは文字通り、デザインをつくる人で、一般的にも認知されやすいのですが、コーダーは、コーディングを担当する人(コードを書く人)、です。一般的には、なかなか知られていません。
たとえば、新人さんがウェブ制作会社に就職したとして、自分の親に「自分の職業はコーダーです」と言っても、なかなか理解されないと思います(笑)。もちろん、人によると思いますが。

弊社の場合は、デザイナーとコーダーは兼務で、明確な分業はしていないのですが、それでもコーディングの品質は重要だと考えていて、様々な努力を日々しています。

たとえば、コードの記述については、弊社ではガイドラインを設定しており、スタッフ全員で共有しています。冒頭で紹介した記事にもあるように、メンテナンス性、アクセシビリティ、SEOの観点から、「コードをキレイに書く」ことはメリットだらけなのですが、クライアントにその部分を説明することはほとんどありません。
本当はしっかりと説明して、デザインなどの目に見える部分ではないところに宿る品質にも理解をいただきたいと思いますが、現実には限られた打ち合わせ時間の中で、なかなかそこに割くことができないのと、かなり専門的な分野になるので、興味関心を持ってもらいにくいこともあります。

たとえば、注文住宅でいえば、断熱性や気密性などは、“目に見えない領域”ですが建築において大変重要なことであるのは一般的にも理解されています。ウェブ制作においてのコードの品質は、それに近い気がします。たいへん重要な性能であるにもかかわらず、話がそこに及びにくいのは、我々ウェブ業界側にも責任がありますが、発注側の理解や知識レベルも上げていかないと、本質的な制作が行えないな、とも感じてます。

もちろん、クライアントがソースコードそのものを理解することは不可能なのですが、少なくともそういう部分にも品質の善し悪しが存在していて、そこに並々ならぬ努力と工数がかかっている、ということを知っていただくことでプロジェクトがスムースにいくことにつながっていくこともあると思うのです。

弊社の場合は、最低限の取り組みとして、コーディングやプログラミングの担当者にも打ち合わせの場に参加してもらい、クライアントへ「この人が裏側のコードを書く仕事をやっている人です」と紹介するようにしています。
大抵の場合、クライアントは「コーディング?」というような顔をしますが、少なくともウェブをつくっているのは、デザイナーだけではなく、複数の人が裏側で自分たちのために頑張ってくれている、という感覚を残すことはできていると思います。
(ウェブサイトの制作体制は、多くのクライアントにとってブラックボックスであり、何人でどのような作業をしているのかはまったく理解されていないケースが多い)
すごく地味な活動ですが、私はけっこう重要だと感じていて、少なからず、発注側であるクライアントにもプロジェクトの責任意識を感じてもらうことにつながっていると感じています。

「裏側の人の存在」を一度感じているクライアントは、自分の好みや感覚だけで、デザインをオーダーしたり、修正したりする前に、「ウェブ制作のプロジェクトメンバーの一員として」一緒に考えてくれるようになるケースが多いです。

一棟の家を建てるのに、設計士や大工や設備工や現場監督などがいるように、ウェブ制作の現場にも、複数の人数が品質を高める努力を結集させている。
まずは、その実態をもっと理解してもらう必要がある気がします。

ウェブ関連の方は、そのあたりどのようにお考えでしょうか?
なかなか難しい問題だと思いますが。
| ホームページ制作の仕事 | - | -